法学部への志望理由

志望理由(志望動機)の例文1

日本の社会は公のことからごく個人的なことまで、法が関わっている法治国家です。また隣人同士のトラブルや、社会の問題を未然に防ぐべく作り上げられ、改良を重ねてきた「法律」というものは一種の人類資産であり、その国における文化の一つでもあります。

しかし、長い歴史の積み重ねから改良を重ねた法律は複雑さを増しすぎた感もあり、知識のない一般人にはとても理解できないものとなってしまっているのも現状です。法治国家日本において法律を知らないということは多大な損失を意味するものであり、実際に多くの人が法律への無知から、しなくて良い苦労をしているという状況があります。いわゆる弁護士などの法曹関連職の役割は、そうして法律に詳しくある余裕などない一般庶民のために法律を知り、説明し、その恩恵を正しく行き渡らせることにあると思います。

私が法学部を志望する理由もそこにあり、一般庶民が正しく法律の保護を受けられる一助となるために法学部で学びたいと考えています。

志望理由(志望動機)の例文2

準備中

大学への志望理由

志望理由テンプレートでもご紹介しているように、学部への志望理由だけでなく、大学への志望理由も必要になります。

大学の特色を知るには、志望学部を持つ大学のパンフレットを複数取り寄せ、それぞれを比較するのが一番です。あとは、志望大学の教育方針や特長、教授などを用いて大学への志望理由を作成しましょう。

大学パンフレットについてはリクナビ進学でまとめて請求することができます。ほとんどの大学が無料で請求できるので、ぜひ、活用してください。

おすすめ書籍1

おすすめ書籍2

おすすめ書籍3


 
トップページ 志望理由(文系・芸術・生活) 志望理由(理系・福祉・体育) リンク